肌クリーム

原因

お医者さん

若い人から年配の人まで多くの人間が男女関係なく抱えている問題にクマがあります。これは目元にできるものであり、種類によって原因が違います。
主な原因として有名ものをいくつか紹介します。まず遺伝です。これはクマができやすい体質というよりは、目の下の皮膚がうすく、血管が透けやすい体質ということになります。皮膚が薄くて透明感があればあるほどにクマは酷く見えるようになります。色白の人はこの問題を抱えている場合が多いです。
また、目元などの彫りが深い人は陰影がつくためにクマが酷く見える場合があります。

次にアトピーや皮膚炎や喘息系の病気を抱えている人ですが、この場合は色素沈着が原因となっている場合があります。元々の病気の影響により、目元などの皮膚をこすってしまうためにダメージが蓄積し、黒ずんだ印象になります。これは元の病気を徹底的に治療してからクマ対策をしなければ、いつまでたっても治療を進めることはできなくなってしまいます。
他にも薬による影響でクマができている人もおります。薬の影響で血管が拡張し、普段よりも肌に血管の青が透けやすくなっている場合です。
貧血でこれらの症状が出ることもありますし、疲労や寝不足によって症状が発生している人もおります。
肝臓や腎臓が悪いことが影響し、体内の毒素が表面にでてきてそれが目元のクマになっていることもあります。場合によってはクマの治療ではなく身体自体の治療が必要となることもありますから、注意して下さい。