肌クリーム

種類

肌の治療

クマには種類がありますが、最も多いのが青クマです。これは目の周りにある血管が透けて見えることによって起こるものです。毛細血管が目の下にある薄い部分から透けていることが原因です。
コレを抱えている人はストレス過多、寝不足、酸欠というような状態が考えられます。酸素不足の場合には、ひときわ目元のクマが青く見えるようになります。この場合の治療にはしっかりと睡眠をとり、膨張している血管を適度な所まで落ち着かせて治療する必要があります。青クマがあると人間の顔は一気に老けこんで見えるようになってしまいます。
次に茶くまといわれているものですが、これはメラニン色素の沈着によっておこります。つまりは日焼けのような紫外線ダメージによって起こるようになっています。新陳代謝が正常に行われていれば、茶クマができるまえにダメージは綺麗に流れていきます。
しかし、あまりにもダメージが深刻だったり、年齢的な理由があったりして新陳代謝が上手にいかなければ、この症状が現れるのです。
いわゆる顔にできるシミと同様のシステムですから、早急に対応して治療しなければ顔色がまだらになってしまう可能性もあります。

次に女性に多い症状に赤クマがあります。これは血管の中を通っている血液が透けて見えている状態であり、血行不良という症状を持っている人がよくなっています。これは新陳代謝を上げ、血圧を正常値まで戻して血管と血液の流れを正しくすることで治療して下さい。